豪州最古のワイン産地、ハンター・バレーを訪ねて

シドニーから北へ車で約2時間。
ここ「ハンター・バレー」は、オーストラリアで最も長い歴史を誇るワインの産地です。
150以上のワイナリーがあり、世界トップクラスの素晴らしいワインが誕生しています。
この地でブドウ栽培が始まったのは1820年代。
代表されるのはセミヨンですが、シラーズ、シャルドネ、カベルネ、ソービニョン、ヴェルディーリョなどの、
さまざまなワインが楽しめるのも魅力です。
各ワイナリーではワインの試飲ができ、もちろん購入も可能です。

また、「ハンター・バレー」には、日本でいう民泊のような、ワイナリーが提供する宿泊施設が数多くあり、
ワイン好きにはたまらない旅が愉しめます。
少し早起きをし、パンケーキとオムレツを焼いて、広大な緑の大地を眺めながら朝食をいただく。
夜はワインを傾けながら南十字星を探す。
ホテルでは味わえない、そんなゆったりとした時間が流れています。
少し心を休めたくなったら、こんな旅もいいものです。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。